加古川人の応接間

かこがわ珈琲店かこがわ珈琲店

刻を愉しみ
想いを刻む

NEWS

毎日来店されるラストのお客様

phonto.jpeg

かこがわ珈琲店の静かな夜、

店長の三枝ちゃんはカウンターに立ち、お客様を見送る準備をしていました。

店内には穏やかなジャズが流れ、外はすっかり暗くなっていました。

時計の針が20時を指すと、ドアが開き、(スタッフ間の愛称) 

"美容師さん" が入ってきました。彼女はいつものように静かに席につき、あったかいミルクティーを注文しました。

 

三枝ちゃんは微笑みながらミルクティーを作り、美容師さんのテーブルに運びました。「お疲れ様です」と軽く声をかけると、美容師さんは穏やかな笑顔で「ありがとう」と応えました。会話はそれだけでしたが、二人の間には心地よい沈黙が流れていました。

 

美容師さんはミルクティーをゆっくりと味わいながら、一日の疲れを癒しているようでした。三枝ちゃんはそんな彼女を見守りながら、店の片付けを始めました。時々、美容師さんの方を見ると、彼女は窓の外を眺めていることが多かったです。外の世界と自分の中の世界を行き来しながら、明日への切り替えをしているのかもしれません。

 

閉店時間が近づくと、美容師さんはカップを置き、三枝ちゃんに「また明日」と言って店を後にしました。三枝ちゃんは「おやすみなさい」と答え、ドアを閉めると、また新しい日の準備を始めました。かこがわ珈琲店は、そんな小さな交流と温かいミルクティーで、多くの人々の心の休憩所となっているのです。

 

※ストーリー、登場人物は脚色してます。画像はイメージです。

 

加古川人の応接間

かこがわ珈琲店   

兵庫県加古川市加古川町粟津90-2

9:00~21:00

#カフェ #喫茶店 #飲食店  #加古川 #カレー #コーヒー 

#加古川喫茶店 #加古川珈琲

#かつめし #カツメシ #駐車場45台 #客数70席 

#モーニング #アーモンドトースト 

 

Calendar Loading

その他のニュース

2024-05-17

ビジネスミーティングに便利

ショートストーリー

2024-05-16

夜のビジネスミーティング

ショートストーリー

2024-05-15

ライダーさんの日

ショートストーリー

2024-05-14

人気のハムエッグサンド

ショートストーリー

2024-05-13

キャラメルバニラパフェ

ショートストーリー

< 1234567...38 >