加古川人の応接間

かこがわ珈琲店かこがわ珈琲店

刻を愉しみ
想いを刻む

NEWS

若き日の思い出

かこがわ珈琲店の店主、

てっちゃんの物語

 

1986年のある日、

若きてっちゃんは

友人の央ちゃんと共に、

夏の軽井沢へと旅立った。

彼らの目的は、

ジェフ・ベックや

スティーブ・ルカサー、

カルロス・サンタナ、

サイモン・フィリップスといった伝説のミュージシャンたちが集うライブを体験すること。

スキー場のゲレンデが、

その日だけの特別な

ステージに変わった。

 

ビールを片手に、

てっちゃんと央ちゃんは

夏の風を感じながら、

熱い演奏に心を奪われた。

音楽は彼らの魂を揺さぶり、

若さと情熱の炎を燃やした。

 

その日、彼らは

ただの観客ではなく、

音楽の一部となった。

 

時は流れ、

てっちゃんは56歳になった。

もうドラムを叩くことはないが、あの日の記憶は彼の心に生き続けている。

かこがわ珈琲店の

カウンター越しに、

彼は時折、遠い青春の日々を

思い出す。

央ちゃんと共に感じたライブの興奮は、今も彼の日々の仕事へのエネルギーとなっている。

 

「夢中でドラムを叩いていたあの頃。今はもう、スティックを握ることはないけれど、心の中でリズムは鳴り続けているんだ。」

 

てっちゃんはそう言いながら、

珈琲の香りに包まれた店内を見渡す。

過去の熱き思い出が、

今日も彼の仕事を支えている。

 

そして、てっちゃんは知っている。音楽は、彼の人生の一部であり、これからもずっと、彼の中で鳴り響き続けるだろう。

それが、かこがわ珈琲店の店主、てっちゃんの物語である。

 

※ストーリー、登場人物は脚色してます。画像はイメージです。

 

加古川人の応接間

かこがわ珈琲店   

兵庫県加古川市加古川町粟津90-2

9:00~21:00

#カフェ #喫茶店 #飲食店  #加古川 #カレー #コーヒー 

#加古川喫茶店 #加古川珈琲

#かつめし #カツメシ #駐車場45台 #客数70席 

#モーニング #アーモンドトースト 

Calendar Loading

その他のニュース

2024-05-17

ビジネスミーティングに便利

ショートストーリー

2024-05-16

夜のビジネスミーティング

ショートストーリー

2024-05-15

ライダーさんの日

ショートストーリー

2024-05-14

人気のハムエッグサンド

ショートストーリー

2024-05-13

キャラメルバニラパフェ

ショートストーリー

< 1234567...38 >